着物に関する情報が満載!

着物にあうメイクなら花魁風メイク

あまり着物を着る機会がない今だからこそ、着物を着た時には、普段よりも華やかな髪型やメイクを楽しみたい、と考える女性は少なくないでしょう。
しかしながら、一方で男性うけの良い清楚な大人っぽい女性を意識したいとも考えてしまうものです。
では、どのようなものならその二つの要望に当てはまるでしょうか?そのひとつに花魁風メイクというものがあります。
この最大の特徴は、目元が煌びやかでキリッとした印象になることです。
多くの場合は、赤や黒系など日本人の肌に良く生えるアイシャドウやリキッドなどを目元に引き、そこにラメを入れるなどして特別さを増すことで、着物の華やかさにも負けない、引き締まった色気ある目元を作ります。
また、その下に普段よりも濃く、そして目尻まで広範囲にわたってチークを塗ることで、更に目を際立たせることができるでしょう。
また、このメイクは、最初にファンデーションを多く塗っておくことで、よく目立ちます。

メイクを工夫して着物を着こなそう

着物を着用する際には、きちんとした着付けやヘアセットの他にも、メイクに工夫を加えるとより美しくおしゃれな着こなしをすることが出来ます。
和装においてのメイクは普段よりも濃いめに仕上げることが多いですが、全体的な印象としては、ツヤのないマットな仕上がりにすることが重要になります。
マットな印象に仕上げるには、ラメやパールが入れられたコスメは避けた方が良く、色白に見せるようなファンデーションを使用した方が綺麗に仕上がります。
眉や目元も黒系統のコスメではっきりと描き、切れ長な印象に仕上げます。
マスカラを付ける場合には、ビューラーを使用せずに付けた方が、切れ長な印象にすることが出来ます。
アイシャドウは、淡くグラデーションを施し、目元の赤系統の色を付けると一気に和風の仕上がりになります。
口紅は、着用する着物によって色味を変える必要がありますが、華やかな色合いのものであればあるほど、濃く、鮮やかな赤にした方が綺麗な仕上がりになります。

Valuable information

腰痛 クッション

2017/8/31 更新


ページ先頭へ▲

CCBot/2.0 (http://commoncrawl.org/faq/)